2000年2月24日木曜日

<第四章>~日暮里布問屋街~

~日暮里問屋街の前置き~

webで紹介されている日暮里問屋街は
素晴らしかった!凄いんだ!と言うお話ばかりなのですが、
私は少し違った印象を持っています。

近年、日暮里の布問屋街には可愛い手芸小物屋さんや、
激安系の女の子服のお店が増えて
街の雰囲気が少し変わったりしているのですが、
元から立ち並んでいる布問屋は基本的にみんな雑多です。

また、激安品を買いあさりに来ている人が多いせいか、
元からそうなのかは分かりませんが、
ここでローカルルールを知らずに買い物をしていると
不愉快と感じるような事に出会いやすいです。

例えば、お店の店員が咥え煙草をしながらで生地を裁断したり、
少ししか買わないとムッとされたり、文句を言われたり、
希望の長さを買った後の残り布が2m以下になる時などは、
全部買わないと売らないと言われたりする事もしばしば。

また、買いに来ているお客さんもにこやかじゃないって言うか、
穏やかな雰囲気の方は少なくて、反物引っ張り出して人にぶつけても、
謝るどころか睨む人もいたするので、ちょっと悲しくなる事も。

なので、日暮里問屋街へは「布も店員もお客も雑然とした場所」
そんなイメージをして買い物に行く事を私はお勧めします。

そうすればきっと、雑然とした問屋街だと思ってきても、
対応の良い素晴らしいお店が沢山ありますから、
良いお店に出会えればホッっと出来るし、
悪いお店に入ってしまっても納得が出来ると思います。

最初から少し評価を低く考えていく事が、
この街で無駄に悲しい思いをしなくて済む方法だと思います。


①日暮里駅への交通。

JR上野駅から2つ上にある西日暮里駅(乗車時間4分)


上野から移動する場合、上野~日暮里間を走る列車はいくつかありますが、
一番分かりやすいのは「JR山手線内回り・池袋・新宿方面行き」

そのほかの山手線の代表的な駅から日暮里への乗車時間は、
東京駅~11分、品川駅~22分、渋谷~26分、新宿~20分、池袋~12分。


②布問屋街への道。

問屋街の閉店は早く、大体17時ころ、
土日祝はほとんどの店がお休みです。

日暮里駅から布問屋街ヘの道は、東口を出て駅を背に右前方向、
真っすぐ伸びている日暮里中央通りが問屋街の入口になります。



予備知識なしで歩くと、問屋街は日暮里中央通りだけのように見えるので、
地図でレ印をつけている交差点(尾竹橋通りとの交差点)まで歩いてく人は
あまりいないのですが、実際にはこの交差点で十字方向に広がっています。

詳しい商店街地図は、東京日暮里繊維卸協同組合のサイト←こちらに載っています。


③日暮里布問屋街の散策にかかる時間の目安。

問屋街をキョロキョロ見回すだけでお店に入らずに歩くとしたら、
大体の所要時間は30分程度(一番遠い所から戻るのに10分)だと思います。

ですが、行ったからには買い物をする訳で、
宝探しを済ませて会計に並んでお会計し…となりますと、
商店街を一通り歩きまわってから、時間を気にしつつ
3店舗を見てお買い物で大体1時間半くらいだと思います。

更に、本気で色々回ってみたい!と思う方は、
お店の数が半端なくあるので、
まる一日かかると思って頂くといいと思います。

ただその場合、こちらの問屋街は飲食店が少ない場所なので昼食に困ります。
駅前や駅前ビルに戻ると選べる程度にあります。


④お店紹介。

日暮里問屋街のお店の場所などは、
沢山の方がwebで紹介しているので省略します。

でも、雰囲気を知りたいと言う方のために、
何店舗か名前が知られているお店のwebサイトを見つけたので
そちらを載せておきますね。

トマト、100円コーナーで有名
安田商店、綿・麻
ミハマクロス、綿、100円コーナーあり
やまよ
エレガンス、パキラ
On-travelling、手芸雑貨店、チロルテープなどが凄く可愛い
E&SON FABURIC
南和産業㈱レース・麻

あ、あと、大切な事書き忘れてました。

当たり前と言えば当たり前ですが、
問屋さんじゃないお店の値段は普通の値段です。


------------------------------------------------------------------
↓イイね!と思ったらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
~応援クリックが嬉しくて、今日もブログを書いちゃうよ~

2000年2月23日水曜日

<第三章>~東京、渋谷、手芸の街(?)新宿のお店~

こちらの情報は、2013年2月22日現在のものです。

<第三章>~東京、渋谷、新宿、池袋のお店~

ディープな場所のお店を紹介する前に、先に憶えて頂いた地名
「上野、東京、品川、渋谷、新宿、池袋」の中から、

東京駅と渋谷駅と、手芸店いっぱいの新宿を紹介をします。


①東京駅。

東京駅は広い!でも、駅構内は案内板が多く設置されているので、
目的の出口から東京駅を出さえすれば、簡単に行けます。
駅がとても大きいので、欲張らずに出口別に考える事をお勧めします。

丸の内側
赤レンガの東京駅と皇居方面へと続く丸の内出口側には、
有名なマンモス書店「丸善丸の内本店」が。

八重洲側
逆の銀座日本橋方面と繋がる八重洲口側には、
「八重洲ブックセンター」と「越前屋」があります。



 
丸善丸の内本店(超大型書店)、丸の内北口正面。徒歩1分。
 上の地図で言うと「東京」と書かれた文字の真上に、
 「丸の内オアゾ」とあると思いますが、そのビルの中にあります。
 北口を出た真正面にありますので、迷う事はありません。
 
八重洲ブックセンター(大型書店) 八重洲南口から徒歩約3分。
 上の地図で言うと、地図中央一番下です。
 こちらも、地図で場所を確認していけば、まず迷う事はありません。

越前屋(刺繍の神的なお店)八重洲中央口から徒歩約8分。
 刺繍&手編みレース用の布・糸・書籍に特化したお店です。
 上の地図でいうと、八重洲ブックセンターの右上、
 ブルーのレ点マークを付けてある角が越前屋になります。
 隣が牛丼のすき屋になっているので、
 そちらを目印にしてもいいかもしれません。
 こちらも、地図で場所を確認していけば、まず迷う事はありません。


②渋谷駅

お店はハチ公口方面に集中してあります。
そして、お店めぐりする範囲自体もそんなに広くない範囲にあります。

ですが、メインストリートと呼べるような通りがミッシリと
しかも、各方面に伸びているため、表通りも裏通りも、
大通りも狭い路地も、すべての道に人があふれています。

しかも、微妙に道が曲がっていたりするので、方向感覚が狂いやすく、
慣れない人には巨大迷路のように感じられるかもしれません。

とはいえ、なかなか良いお店があります。
土地勘のあるお友達が居ると心強い街だと思います><*

MARUZEN&ジュンク堂渋谷店(大型書店)
 東急百貨店本店7階。ハチ公口から徒歩7分。


la droguerie(ラ・ドログリー)、西武渋谷A館7F。ハチ公口徒歩2分。
 フランスに10店舗、日本に7店舗ある、毛糸、ビーズ、ボタン、スパングル、
 リボン、ガロン、生地、オリジナルデザインのパーツのお店。


Lulu & Pepe(ルルアンドペペ)、東口から徒歩10分。
 フランス・イタリア・スペインなどヨーロッパ直輸入の生地・
 リボン・ボタンやスイス製 riri ファスナーのお店。
 webショップもあります。


Au Temps Jadis mercerie(オ・タン・ジャディス)、ハチ公口から徒歩10分。
 フランス雑貨店なんですけど、リネン手芸用品もあります。


マルナン、ハチ公口から徒歩2分。
 生地を大量に扱っているお店です。4階には手芸用品も置いてます。


・その他にも、東急ハンズロフトなどのお店や、
 ナチュラルキッチン(100円ショップ系)などの雑貨店があり、
 膨大な数の10代の子たちにまぎれながらも、
 時間があっという間に過ぎる面白いお店が色々あります。

③新宿駅

新宿駅は、東京駅に負けないくらい大きな駅です。
なので、出口を間違えると全く見当違いの場所に出てしまいます。

とはいえ、新宿は手芸タウンと言われているくらいの手芸店が多い街、
大型店舗が沢山ありますので、探し物はこの街へと言える街です。

一番お店が多くあるのは南口。ですが、
いずれのお店も駅ビル・駅前とめちゃ近い場所にありますので、
新宿駅で彷徨う以外は迷子になる事はない街ともいえると思います。

でも、全部回ろうとすると、駅の周りをぐる~っと歩いて
1周10分くらいかかる距離を歩かないといけなかったりで、
しかもどのお店も大きいから体力勝負になる可能性が高いです(笑)

私個人的に特に注目するべき店舗は、
スタジオアルタ近くにあるオカダヤさんの本売り場。

小さめの書店サイズの売り場全部が手芸本?マジデ?!
と言った感じなので、行ったらきっと感動できます。

ホビーラホビーレ新宿西口すぐ、京王百貨店新宿店本館6F。
<新宿伊勢丹の中にも姉妹店(?)creation de luxeクレアシオン ドゥ リュクスがあります。)


・グランプレール 新宿店、ミロードモール2F
 アクセサリーパーツ屋さんのパーツクラブの姉妹店です。


貴和製作所、駅ビルの中。ルミネ新宿2 5F(新宿にはルミネが2つあるので注意が必要です。)
 アクセサリーパーツ屋さんです。


文化服装学院 購買部 南口から徒歩9分。
 正確には、学校法人文化学園 文化事業局 購買部です。
 洋裁道具とファッション・服装関連書等の販売をしています。


ユザワヤ新宿新南口徒歩1分。タカシマヤタイムズスクエア11F。
 大型店舗です。すぐそばには、東急ハンズもあります。


オカダヤ 新宿本店。新宿東口北にあるアルタ口から徒歩2分。
 ビル2つのお店、手芸用品の服飾館と布の生地館があります。
 このお店は服飾館にある本売り場店が凄いです。ここより手芸本があるところ見たことない。
 本に浮かれるうちに時間があっという間に過ぎてしまいます。


次の、<第四章>は、いよいよ問屋街の紹介をします。

------------------------------------------------------------------
↓イイね!と思ったらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
~応援クリックが嬉しくて、今日もブログを書いちゃうよ~

<第二章>~東京を歩く時に知っておくと便利な事~

こちらの情報は、2013年2月22日現在のものです。

東京は怖い!と思っている人多いと思いますが、
怖いのは1つだけなんです。

なので、コツさえつかめば大丈夫。

と言う訳で、東京の歩き方に関する事を
私の個人的感覚でまとめておきたいと思います。


��第二章>~東京を歩く時に知っておくと便利な事~


①ホントに盗られるから!置き引き注意。

都内で泥棒被害にあうとするなら、
一番確立が高いのが置き引きだと思います。

なので、荷物をヒョイと足元に置いて周りを見回したり、
その場を離れるのはとっても危険。

たとえそれが、誰も盗らないと思うようなモノだとしてでも
盗る人は盗るだけとってから中身を確認するので、
予想に反して持って行かれます。

荷物を置いて何かをしたい時は、
必ず荷物を足で挟んでガードしながらにする事。

あとは、お財布はいつまでも出しておかない。
万が一ひったくりにあったら大変です。
なので、歩きだす前に必ずしまいましょう。

私は東京の人と地方から来た人の違いはこれだけだと思う。

だから、荷物をその辺にポンポン置く癖がある人は
気をつけようとしても出来ないと思うので、
荷物はロッカーに預けて観光した方が良いと思います。

うちの父も、すぐその辺に物置いてウロウロしたがる。
「危ないから。」って言っても、
人の多さとかで舞い上がってて気が回らないみたい。

だから、ホントに気をつけてくださいね><。。


②突如立ち止まると危ない。

東京都内は電車の本数が多く、移動時間もかなり正確に予測できるので、
時間に追われながら早歩きで移動している人が多くいます。

なので、前を行く人が突然立ち止まると避けられずに、
後ろから来た人が前の人を撥ねてしまう。

撥ねた人は気にはなりつつも急いでいるので、
「モゴモゴ」と何か詫びているらしき言葉を言いながら、
そのまま行ってしまう事がほとんどです。

飛び散る荷物、飛び散るカメラ、飛び散るスマホ、
どれが飛び散っても嫌なものばかりです。

そしてラブロマンスは生まれません。

かく言う私も、よく人に撥ねられて…トホホ…。

なので、立ち止まる時は
ちょっと横によけてから立ち止まりましょう。
私がいちばんそうするべきなんだけどね。


③駅員などに道を聞くのはお勧めできない。

東京の駅員さんって全体的にあまり親切じゃな・・ゲフンゲフン。
基本的に、東京の駅員さんは忙しく、その場を離れられないので
口早にチャチャチャっとしか説明してくれません。

なので、人に何かを聞きたい時は、清潔そうな若いサラリーマンや、
待ち合わせなどで立っている若い人に話しかけるのがお勧めです。

東京では、若者の多くが地方出身者です。
なので、冷たくあしらわれる事ほとんどありません。
そして万が一振られても、心のショックは少なくて済みます(笑)


④キョロキョロしてても大丈夫、ガイドブック等は堂々見るべし。

東京の人は地方の人を馬鹿にしている。とか、
キョロキョロしてると悪いヤツに狙われると言う話は嘘だと思います。
だって、初めて知り合った人との会話の中には
大抵「ご実家はどちら(何県)ですか?」っていう会話が挟まれるもの。

逆に、東京の人の方が地図を片手に都内を歩いたり、
キョロキョロ見まわしたりしながら目的地を探しつつ歩きます。

だって、東京広いんだもんしょうがない。

だから私もしょっちゅうウロウロ。
スマホを持っていないから、本になってる東京都地図とか
いつも開いて気持ちよく見てますよっ。

けど、この時こそ①を注意。
荷物を地面に置く時は足で挟むように置く事。

ある意味、挟めないならスカート辞めちゃえ!くらいな感じ(笑)

と言う訳で、東京では堂々とガイドブックや地図を持ち、
堂々と歩き、堂々と聞く。

これをしないと東京では時間が無駄なっちゃう。
そして分からない時は、どんどん人に聞く。
ぜーんぜん恥ずかしくない、みんなそうしてるから普通なの(`△`*)b


前置きばかりが長くなったけど、
次からはいよいよ案内開始です。

��第三章>~東京、渋谷、新宿、池袋でお買い物~

------------------------------------------------------------------
↓イイね!と思ったらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
~応援クリックが嬉しくて、今日もブログを書いちゃうよ~

<第一章>~山手線を利用して何となく土地勘をつかむ~

こちらの情報は、2013年2月22日現在のものです。

<第一章>~山手線を利用して何となく土地勘をつかむ~

「場所を知らなきゃ行きようがない。」と言う訳で、
下の場所をあんまり頭を使わずに何となく憶えてください。

下の地図の中央あたりに表示されている駅名(地名)、
時計回りに「上野、東京、品川、渋谷、新宿、池袋」。



以後、この5か所の地点をからめつつ、
各所への所要時間など紹介して行きたいと思います。

ちなみに、この5つの駅は桜の花びらのような形をした沿線、
JR山手線(1周の所要時間64分)を代表する駅となりますので、
東京で乗物を乗る時の重要な目安になります。

山手線

※JR山手線はグルグルと回っている電車で、駅の数は29あります。
 それぞれの駅と駅の区間移動時間は2~3分で、
 日中の1時間当たりの発車本数は約15~20本です。

次の<第二章>は、
~東京を歩く時に知っておくと便利な事~を書きます。

------------------------------------------------------------------
↓イイね!と思ったらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
~応援クリックが嬉しくて、今日もブログを書いちゃうよ~