~お知らせ~

*ワークショップな刺しゅう教室@名古屋 こぎんコース 4月の参加者を募集中。
  火曜 Am10:00~12:00 4月11日
  土曜 Am10:00~12:00 4月15日、22日
  ※土曜は喫茶店にて行いますので、飲食代は実費になります。

*4月より売店にて、初心者向けのキット販売を開始します。予約も受付中。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2012年5月12日土曜日

ホルベインステッチ。

ホルベインステッチがだいぶ形になって来た気がするので、
忘れん坊な私は習得したコツを書き残しておきます。

まめ知識1:

ホルベインステッチの裏は、
表とほぼ同じ図案になるのが理想らしい。

















裏側

本に載っていたホルベインステッチの刺し方は
←の方向へ - - - - - とランニングステッチで刺し進み、
→の方向へ ------- - と間を埋めるように刺し戻ると書いてあった。

まめ知識2:

本のやり方そのままだと、私のようなボンクラ頭では
複雑な図案になると迷子になって帰れなくなることが判明した。


トホホ。


という訳で、私は必殺技をあみだしました。


以下は、スーパー・イーズゥイ・ホルベインステッチスペシャル(技名)の繰り出し方です。

①針をAとBの2本用意して、刺繍糸の長さを通常の倍の長さにする。
②60%の長さの糸を残した状態で残り40%の糸を針Aに通し、ランニングステッチを始める。

















③ランニングステッチがある程度刺し進んだら、
 進んできた順路が分からなくなる前に残してた糸を針Bに通し、
 ランニングステッチを追いかけながらホルベインステッチを完成させていく。
④1本の糸に針が2本。糸の両はじを使って迷子にならないように刺していく方法、
 それがスーパー・イーズゥイ・ホルベインステッチスペシャル(技名)だ!!
※1:両はじの糸の長さを揃えないのは、
 同じ場所で糸処理してモコモコにしないようにする為。
※2:余り長い距離刺さないとわかっている時は、糸が無駄になるのを防ぐために、
 針Aの糸を使い切る長さまで短くして刺したい距離半ばで糸がなくなるようにしておく。
 そして、長く残しておいた方の糸(針B)で、針Aで刺しきれなかった分を埋める。
 そうすると、刺し終わった時に残る糸は針Bの分だけになるので、糸の無駄が減る。
まめ知識3:
ラインをまっすぐ綺麗に伸ばしていくために気を付けることは、
最初のランニングステッチ - - - - - -の後に刺すステッチを、
大げさに表すと-\-\-\-\-\- -という感じで
最初のランニングステッチの糸をまたぎながら刺すのが良いそうだ。
そうしないと、例えば下ばっかりを渡した場合、
大げさに表すと-_-_-_-_-みたいな感じの見た目になる。
でも目の細かい布に刺す時は、私のようなボンクラ頭(略
図案も複雑でめんどくさ(略
という訳で、布目が細かい時は糸をまたぐ事だけ意識しようと思って刺してみた。
刺し方は、布の裏から表に針を出した時に出た方向次第でまたぐ感じ。
大げさに表すと、-\-/-\-\-/-って感じ。
ヨシヨシ、十分見た目は綺麗だ。
題して、バレナイ事は才能作戦。
目の粗い布でやるとバレバレになりそうな危うい作戦だったが、
目が細かい布ならOKだ!フフフ。



-------------------------------------------------------------------
↓記事を気に入ってくれたらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの記入者は「名前/URL」を選んでください。
URLは無記入で大丈夫です、分かりにくくてごめんなさい。