~お知らせ~

<重要>
告知が遅くなってしまい申し訳ありません。
しばらくの間、こちらのブログ更新等の活動を休止させて頂きます。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2012年5月30日水曜日

針ケース























Q、さーて、針ケースはどこにあるでしょうか。



いろんな刺繍にあれやこれやと手を出しているうちに、
縫い針、待ち針、ビーズ刺繍針、フランス刺繍針、
リボン刺繍針、クロスステッチ針、U字針ets…と、
同じ針山の中で針の種類や番手違いの針を探し出すが大変だった。


という訳で、一大決心。

早速近所の100円ショップに駆け込み、
名刺入れと強化マグネットと普通のマグネットを購入。

縫い針ケース、待ち針ケース、フランス&リボン刺繍針ケース、
先丸針ケース、特殊針ケースの5つを作成。

















今までやっつけで使ってた針ケースをバージョンアップして、
ふたにちょい置き出来るマグネットを追加。

これで、同番の針だけ仕分けるとかもできるし、
糸が通ってる針を仕分けることもできる。


ケースの表面のデコレーションは、マスキングテープ。

ドット柄は先丸針、ストライプは先がとがった針、
チェック柄は待ち針と特殊針と模様で分かるようにしてみた。

さて、残すところは私の記憶力。

毎日プルプルしてるだけと思われる私の脳みそさん、
さぁ、がんばれ!お仕事ですよ。



--------------------------------------------------------
↓良い記事だと思ったら押してくださいね。励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

アッシジ刺繍:犬?

















チクチクチクチク。
ひたすらチクチク。

2~3日後には刺し終えられそうです。


-------------------------------------------------------------------
↓気に入ってくれたらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2012年5月28日月曜日

ちょい置き針山























捨てるつもりだったあまり布をちょい置きの針山に。

私はよく旦那と公園なんかに行くので、
外出先での暇つぶしに刺繍を持っていったりする事がある。

で、きのう書いた記事を読み返していた時に、
外出先でくらいチョット見栄えのいいもの使った方がいいのでは?!

なんて思った訳で、私のささやかな見栄の為に
あまってた布と余っていた強化磁石のマグネットと、
コレマタ余っていたレースでお出かけ用の針山を作ってみた。

余ってないもので作った見栄っ張りポイントは、
2cmくらいの小さなバック!

綿が入ってるので普通の針山としても使えるんだよ。
磁石でくっつくとわかっていても、
くっ付けずに刺したい衝動に駆られる時がある私仕様のおまけ。

先日友人とミニチュア作りについて話してて、
小さい物作ってみたいと思ってたんだよね。

フフフ。


--------------------------------------------------------
↓良い記事だと思ったら押してくださいね。励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2012年5月27日日曜日

100円ショップの便利アイテム

















今日は手芸にお勧めな100円ショップのアイテム3つを紹介します。

私はレースや刺繍などのひらひらとした手芸が好きな割に、
道具は目に優しい方が作業に集中できると思っています。

なので、飾りけのない写真でチョット見苦しいと感じるかもしれません。
でも、許してください!あなたの愛で。


①針山の代わりとして大活躍!強力磁気マグネット。

・投げ捨てるように針を置いてもぴたりとキャッチしてくれる。
・針のついた状態でマグネットをブンブン振り回しても針が動かない。
・布シールを上に張り付けても針をしっかりと吸着してくれる。
 (私はマグネットを布などで包んでしまうと、
 磁石だという事を忘れてパソコンなどにくっ付けてしまいそうなので
 そのままの見た目で使ってますが、強力磁気マグネットは布でくるんでもOKです。)

使用状況。
・シールをはがさず物差しなどと一緒にお裁縫箱に入れて、移動用&ちょい置き針山として。
・以前紹介した1760円刺繍枠スタンドのクリップ部分の上下それぞれに張り付けて。
・100円ショップで買ったスチールの名刺入れの中に張り付けて『よく使う針セット』として。

使ってみた感想。
・針をその辺にちょい置きして見失って大騒ぎする事が無くなった。
・針山の中から使いたい針を見つけるために、何度も抜いたり刺したりしなくてよくなった。
・針山に刺してある糸付きの針の糸が裁縫道具とか待ち針とかに引っかかって、
 ぐぬぅ。あぁ、もう、コノヤロー!的なストレスが無くなった。

②電気コードをまとめるためのクリップ。

地味に写り過ぎて分かりにくいかもですが、
刺繍枠の右側で布をまとめて留めてくれているにくい奴の事です。

コードをまとめるために作られているクリップなので、
優しく布をくわえてくれて跡が残らず凄く便利です。

③本スタンド&どでかクリップ。

写真には映ってないんですけど…。
本立ては凄く便利で使ってる人が多いと思うのですが、
それに更にどでっかいクリップ(10cmくらいのもの)を併用して使うと
本を傷めずに綺麗に開いた状態を維持できます。



--------------------------------------------------------
↓良い記事だと思ったら押してくださいね。励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


2012年5月26日土曜日

裏が全部縦になるクロスステッチの刺し方。(2012/11/17日改)
































左の飾りが欠けていたでござるの巻。

裏が全部縦になるクロスステッチの刺し方が出来るようになったので、
忘れないうちにまとめておきたいと思います。

注意点:

・手芸本に書いてあるクロスステッチの刺し方と違います。
 なので、表が綺麗に刺したい方向けではありません。
 あくまで裏を縦にそろえて綺麗に刺したい。
 表はそれなりでOKという場合用の刺し方です。

・アッシジ刺繍の刺し方を参考に自己流でたどり着いた刺し方なので、
 この刺し方が正しいかどうか私にはわかりません。

アッシジ刺繍の動画




①このハートの図案を埋めていきたいと思います。






















解説:刺し始めは糸を針2本分の長さ残して刺し始めます。
刺し始めの糸始末は、糸処理は刺し終わって縦模様になった
裏糸に絡めて行うので後回しにします。

②濃いピンクの線が表に出ている糸を表す線で、
薄いピンクの色が裏に通っている糸を表す腺になります。
今回の説明は出来がありの×を\上にする前提で刺し進めますので、
最初に/を刺し進んでいきます。






















注意点:/以外に糸を渡さないと刺せない場所、
(裏糸を|以外で渡さないと刺せない場所)は無視して刺し進みます。

③行き止まりになりました。






















④折り返しを入れます。





















⑤また、/に進めるようになったので進んで、





















⑥折り返し。





















⑦斜めに進んで、





















⑧折り返し。





















⑨どんどん折り返していきます。





















⑩途中/に進める場所があればどんどん埋めて、






















⑪折り返していきます。





















⑫空白にしていた場所にたどり着きましたが、/に刺せません。





















⑬こういう場合は仕方がないので、\を先に挿し/を後に挿します。
ただし、②で\に渡る糸を上にすることにきまっているので、
後から刺す/の糸は、\の下をくぐらせて下に渡して刺します。






















⑭ここも、⑬と同様に刺し順が逆になるので、
/に刺すとき先に挿した\の下をくぐらせて刺していきます。
また、緑の□で囲んだ部分も同様に刺します。





















⑮全体を刺し終わりましたので、あとは裏の縦糸に糸を絡めて糸始末をします。





















⑯糸始末の仕方はyoutubeで見つけた戸塚刺しゅう研究所さんの動画を参考にどうぞ。



追記:もう少し刺し方が複雑でも全然OKよ!という方は、
⑫以降の空いているスペースを以下の刺し方にすると、
\の下に/を通す。なんて事をしなくてもよくなります。






































































後は繰り返し。
とはいえ、図案によってはよっては\の糸の下を/に通す必要がある場合があるので、
全部ブルーの線のようにさせるわけではありません。
--------------------------------------------------------
↓良い記事だと思ったら押してくださいね。励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2012年5月24日木曜日

クロスステッチ2(日本とイタリアのアッシジ刺繍の違い)

アッシジ刺繍の海外の本などを調べているうちに、
一般的なクロスステッチとアッシジ刺繍の違いをいくつか知りました。


1、アッシジ刺繍は裏が命、表はその次。みたいな感じ?!

アッシジ刺繍はテーブルクロスやナプキンのような
刺繍の裏側がすぐ見えるものに刺す目的の刺繍らしく、
裏の優先度を高くしている分、表の美しさは100点ではない。

という訳で私が気がついた「ここが凄いよ、本場アッシジ刺繍。」

a、ホルベインステッチは表裏がほぼ同じ図案になる。
b、クロスステッチの裏糸は全部縦縦にだけ渡っている。
c、薄い布に刺しても裏糸が表に響いて図案を邪魔すると言うことが無い。
d、糸処理自体も裏・表どっちでしてる?という疑いさえ思うほど分からない。

※縫い始めと糸始末の私の予想。
32カウントの布に刺すという事で、目の粗いものに刺す刺繍ではないらしい。
なので、布糸3~4本で1つの×を刺していくとすれば、
縫い始めは×の中央にくる場所に縫い始めの糸を処理して、
縫い終わりは縦糸に糸を絡めて糸処理してるのかなと…。


-------------------------------------------------------------------
↓お役に立てたらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2、日本国内の教室等で教えているアッシジ刺繍の刺し方は本場と違うのかも。
手芸教室に行った事が無い私が何言ってるの?って話かもしれないけど、
国内の刺繍教室で教えているアッシジ刺繍は、
一般的なクロスステッチの延長上で教えているみたいで、
表を綺麗に刺すことに重点を置いているらしく、
刺し方だけじゃなく刺繍の手順も違うようだ。
①イタリアのアッシジ刺繍
手順:
ホルベインステッチを刺してからクロスステッチ。
クロスステッチの刺し方:
裏重視なので、先に/を一杯に刺し進めていって、
その後に×を作りながら帰ってくる感じの刺し進め方をする。
日本で教わっている刺し方だと、
×の下に来る/を先に刺して上にくる\はあとから刺す。というのがルールだけど、
アッシジの場合は、刺し順を逆に刺して\を先に刺した後に、
\の下に針を通過させて/を後に刺して×に仕上げたりする事もある。
アッシジ刺繍の刺し順のイメージ
※上から刺しても下から刺しても糸運びの道理は同じですが、
ここでは右下の右が刺し始めとし、×の上になる糸は\をして説明します。
また、最後に刺した場所はで表示します。
   ×××××××
   ×××××××
   ×××××××

   ////// ← 
 → /////// ↑ 
 ↑ /////// ←始   

戻→ ××××///  
    ///////  
    ///////   

 → ××××××× ↓
   ///×××× ←
   /////// 

 → ××××××× ↓
 ↓ ××××××× ←
 → ××××××× 終
詳しい刺し方はこちら
良いところ:
ホルベインステッチを先に刺して図案を完成させているので、
クロスステッチを刺す時に迷う必要が無い。
クロスステッチの裏糸が図案からはみ出る事が無い刺し方をするので、
裏を渡っている糸が薄い布に刺しゅうを施しても表に透けにくい。
微妙なところ:
クロスステッチを刺す時、ホルベインステッチで布目が詰まってて刺しにくく、
かなり慎重にやってもクロスステッチの綺麗さを求めるのに限界がある。
というかむしろホルベインステッチの上にクロスステッチの糸がかぶるとか毎度の事で、
表の見栄えは美しい100点だ!とは言い難い。
正直、アッシジ刺繍のこの刺し方を知ら無い人が見たらチョット雑に見えると思う。
②日本のアッシジ刺繍
手順:
クロスステッチを刺してから、ホルベインステッチ。
良いところ:
クロスステッチとホルベインステッチが綺麗に決まる。
微妙なところ:
表は綺麗だけど、裏はひどい事になる。
薄い布に刺す場合一般的なクロスステッチの刺し方だと、
裏糸が縦横に渡ったり、図案外を斜めに渡ったりする。
なので、薄い布に刺すのは避けたい。厚い布推奨。
③上記まとめ。
薄い布にアッシジ刺繍をするなら本場のやり方がいいと思う。
ただ、チョット雑に思われる可能性が高いので、
裏自慢もしておくと自己満足につながると思う。
でも、厚い布に刺繍する+裏に当て布などをして裏を見えなくするなら、
日本式のアッシジ刺繍の仕方をすると表が凄くきれいに仕上がる。
追記。
アッシジの刺し方を探しているうちに、
一般的なクロスステッチを綺麗に刺す方法というか、
綺麗に刺すコツもいくつかつかむ事が出来た気がしてます。
-------------------------------------------------------------------
↓記事を気に入ってくれたらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2012年5月20日日曜日

お花の連続模様図案

今作っているリベンジのお薬手帳入れが終わったら、
寝室のハーフカーテンを作ろうと思っています。

そのカーテンにはなにか同系色の色の装飾をつけたいと思っています。
候補は、刺繍・フィレレース・方眼編みかのどれか。

模様はあまり派手じゃなくシンプルな花の模様がいいなと思っていて、
今日はなんとなーく小さなお花の図案を作ってみました。






でも、これだけじゃさみしすぎる。
だからカーテンにはきっと使わないと思う。

でも、忘れないようにブログに保存だー。

まだ制作に取り掛かっていないんだし、
もう少しいろんな本を見てみたり、図案考えてみたり、
悩んだりしながらのんびり練りこんでいこうと思っています。


-------------------------------------------------------------------
↓記事を気に入ってくれたらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2012年5月19日土曜日

ハトの図案

リベンジ中のクロスステッチとアッシジ、
一生懸命指していますがなかなか進みません。

長時間同じ体勢で刺繍してると
体のいろんな場所に何かがたまっていくのを感じる。







今回刺しているハトは4羽。

いつか、このハトが10匹くらい連なる物をさせたら楽しいかも。
フィレレースや方眼編みなどにも使ってみたいなぁ。

この図案は、著作権切れした本に掲載されていた作品を参考に
図案を起こして手を加え、連続模様のデザインに作り替えたものです。


-------------------------------------------------------------------
↓記事を気に入ってくれたらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



2012年5月15日火曜日

リベンジお薬手帳。

















ホルベインステッチが終わったのでこれからクロスステッチです。

-------------------------------------------------------------------
↓気に入ってくれたらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2012年5月12日土曜日

ホルベインステッチ。

ホルベインステッチがだいぶ形になって来た気がするので、
忘れん坊な私は習得したコツを書き残しておきます。

まめ知識1:

ホルベインステッチの裏は、
表とほぼ同じ図案になるのが理想らしい。

















裏側

本に載っていたホルベインステッチの刺し方は
←の方向へ - - - - - とランニングステッチで刺し進み、
→の方向へ ------- - と間を埋めるように刺し戻ると書いてあった。

まめ知識2:

本のやり方そのままだと、私のようなボンクラ頭では
複雑な図案になると迷子になって帰れなくなることが判明した。


トホホ。


という訳で、私は必殺技をあみだしました。


以下は、スーパー・イーズゥイ・ホルベインステッチスペシャル(技名)の繰り出し方です。

①針をAとBの2本用意して、刺繍糸の長さを通常の倍の長さにする。
②60%の長さの糸を残した状態で残り40%の糸を針Aに通し、ランニングステッチを始める。

















③ランニングステッチがある程度刺し進んだら、
 進んできた順路が分からなくなる前に残してた糸を針Bに通し、
 ランニングステッチを追いかけながらホルベインステッチを完成させていく。
④1本の糸に針が2本。糸の両はじを使って迷子にならないように刺していく方法、
 それがスーパー・イーズゥイ・ホルベインステッチスペシャル(技名)だ!!
※1:両はじの糸の長さを揃えないのは、
 同じ場所で糸処理してモコモコにしないようにする為。
※2:余り長い距離刺さないとわかっている時は、糸が無駄になるのを防ぐために、
 針Aの糸を使い切る長さまで短くして刺したい距離半ばで糸がなくなるようにしておく。
 そして、長く残しておいた方の糸(針B)で、針Aで刺しきれなかった分を埋める。
 そうすると、刺し終わった時に残る糸は針Bの分だけになるので、糸の無駄が減る。
まめ知識3:
ラインをまっすぐ綺麗に伸ばしていくために気を付けることは、
最初のランニングステッチ - - - - - -の後に刺すステッチを、
大げさに表すと-\-\-\-\-\- -という感じで
最初のランニングステッチの糸をまたぎながら刺すのが良いそうだ。
そうしないと、例えば下ばっかりを渡した場合、
大げさに表すと-_-_-_-_-みたいな感じの見た目になる。
でも目の細かい布に刺す時は、私のようなボンクラ頭(略
図案も複雑でめんどくさ(略
という訳で、布目が細かい時は糸をまたぐ事だけ意識しようと思って刺してみた。
刺し方は、布の裏から表に針を出した時に出た方向次第でまたぐ感じ。
大げさに表すと、-\-/-\-\-/-って感じ。
ヨシヨシ、十分見た目は綺麗だ。
題して、バレナイ事は才能作戦。
目の粗い布でやるとバレバレになりそうな危うい作戦だったが、
目が細かい布ならOKだ!フフフ。



-------------------------------------------------------------------
↓記事を気に入ってくれたらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2012年5月11日金曜日

鳥のお薬手帳入れ。

















アッシジ刺繍とクロスステッチたっぷりのお薬手帳入れが完成しました。

中布はかわいい黄色のお花さん。

でもね、残念な事に仕上がりがイマイチになってしまいました。

おっちょこちょいの私は表布と裏布の間に入れる
両面接着芯を忘れたままミシンがけしてしまい…。

しかも、サイズに合わせて裁断して、
バイヤステープつけ始めてからミスに気が付いた。

ここまで来てたら引き返せない!諦めるか!!
とも思ったのですが、刺繍を保護するために縫い合わせたビニールの裏で
後ろ盾もなくフニャフニャに波打っている表布…。

結局、悩んだ末全部ほどいて縫い直してしまいました。

結果、やっぱり歪みましたね…。
一か八かでなんて、そんなダイナミックなことしたらダメですね。

もともと誰かに渡すつもり作品ではないので
多少歪みが生じていても全く問題ないのですが、

とはいえ人に渡せる代物ではなくなってしまったのは残念無念。

という訳で、これからはこの反省を生かし、
作り方を書いて残すときは
ざっくりとした説明と型紙だけのこすのではなく、
ちゃんと制作手順も書いて作業漏れの無いようにしたいと思いました。

このデザイン可愛いかったのにくやしい。
もう一回作ろうかな。

-------------------------------------------------------------------
↓気に入ってくれたらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2012年5月10日木曜日

クロスステッチとアッシジ刺繍

















ずいぶん時間がかかったけど、やっと刺繍が仕上がりました。

なんとなくクロスステッチがしたくて始めた作品だったけど、
まさかここまでしっかり刺しまくる事になるとは、自分でも予想外の展開。

布はお薬手帳入れのサイズ用にカットして刺繍範囲も決めていたものなので、
このままお薬手帳入れに仕上げようと思います。

意外とかわいいのが出来そうな予感です。

-------------------------------------------------------------------
↓気に入ってくれたらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2012年5月9日水曜日

クロスステッチ

アッシジ刺繍が突然のマイブーム。

アッシジ刺繍は簡単に言うとクロスステッチの刺繍。
でも、普通のクロスステッチと決定的に違うところがある。

それは、普通のクロスステッチが絵柄部分を刺繍するのに対し、
アッシジは刺繍はブラックワークのようにホルベインステッチで絵柄を表し、
背景の部分をクロスステッチで埋めて行く感じの刺繍だというところ。

その絵柄がなんか愛らしくて、
どことなく間抜けに感じられて凄くかわいい。

という訳で、クロスステッチの刺し方を勉強中。

クロスステッチなんて簡単だろ!って思ってたけど、
裏を綺麗に刺そうとするとなかなか奥が深い。

頭の体操が出来ちゃってるんじゃないかってくらい
色々考え悩みながらやってます。

基本を紹介しているブログやサイトはすごく多いけど、
断片的過ぎてそれらが連続していくさまが浮かばない。

勉強勉強。面白いです。

-------------------------------------------------------------------
↓気に入ってくれたらポチっとよろしく。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ