~お知らせ~

*ワークショップな刺しゅう教室@名古屋 こぎんコース 参加者募集中。
  ※土曜は喫茶店にて行いますので、飲食代は実費になります。

*4月より売店にて、初心者向けのキット販売を開始します。予約も受付中。
諸事情により中ごろへ延期させていただきます。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2013年7月31日水曜日

過去に作ったもの2013年5月、6月、7月、8月

5/31
刺繍皇室の課題:水玉のスモッキングバック。



6/19
刺繍教室の課題:アジュール刺繍のサンプラー。



6/27
刺繍教室の課題:目の粗い布に刺すフランス刺繍


6/29
麻紐あみのコースター


6/30
麻紐あみの籠


7/21
ニードルレース


7/26
麻紐あみの大きめバック(イニシャル刺繍入り)



8/2
刺繍教室の課題:ツイステッドブランケットステッチのドイリー



振り返ってみると、とりあえず作り続けては居たけれど
創作意欲がわかない期間だったなぁ~と。

長いGW+夏休みでした(笑)


応援クリックありがとう。
にほんブログ村 刺繍へ

2013年7月29日月曜日

うえーん、グチグチ。

刺繍教室の次の課題はスウェーデン刺繍です。

が、しかし。

私は実は、意外と神経質な性格なので
糸がねじれてるのとかとにかく気になるんですよ。

で、ま、いいか。って思うのが悔しくて、
まいいか。って思って刺した場所は全部解きたくなる癖がある。

スウェーデン刺繍はよりをかけながら刺すべきか、
よりをかけずに刺すべきか散々悩んで、
よりをかけずに刺すことを選んだのだ結果。

よりをかけないようにするだけの作業が延々続いてて
刺し始めたばかりだというのに、
この刺繍に対しての苦手意識がどんどん膨らんできてます><。。

早く終わりたい・・・と思う気持ち、
完全にノルマと化してしまっていて悲しい。

出来上がりが見えてきたら
この刺繍をまた刺したくなる気持ちでるのかな。

うえーん、白い刺繍がしたいよ~><。。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年7月26日金曜日

麻バックの中袋。

後は裏返して麻バックに縫いとめるだけ!

ポケットの反対側は、
ポケットの耳と同じ幅で引っ掛けるところを2つつけました。

移動式ポケットつけたり、
鍵を引っ掛けたりするのに良いかな?なんて思って。

勝手につけちゃった~(笑)

嫌だったらはさみで切っちゃえば良いよね!(ぉぃ

にほんブログ村 刺繍へ

2013年7月25日木曜日

あぁ、素晴らしきかな105円の力。

今日は、谷間のゆりさんとお茶をして、
ガールズトークを炸裂してまいりました。

で、その帰り道。

古本屋さんで105円の本をGET!

あまりの初心者本さ加減に、
売れずにいてのこの価格なのでしょうが。

なかなかよい本なのです。
刺繍も良いけど、レース編みもいい。

そんな思いで買ってしまいました(笑)

小さなモチーフは短時間でできるからイイ!
刺繍の合間にいくつか編めたらなぁ~なんて思ってます。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年7月24日水曜日

イニシャル刺繍完成!



この大きさのイニシャル刺繍は初めて刺したのですが、
思っていたより綺麗にさせてよかった!

とっても嬉しかったので、ほぼ原寸大で写真掲載。うひひ。

裏はこんな感じです。

この刺繍は麻バックの内ポケットに使われるので、
バックの持ち主さん以外の目に触れることの無い刺繍なのですが
私もこのイニシャル刺繍を刺した何かがとっても欲しくなりました。

刺し始めは、おっ、大丈夫か!?なんて思ったのですが、
我ながらよくがんばったと思うのです!

にほんブログ村 刺繍へ

2013年7月23日火曜日

イニシャル刺繍

サテンステッチとアウトラインステッチでイニシャル刺繍。

図案は先生からいただいたものを使用。
色は、オレンジのリクエスト。

というか、左のサテンステッチ・・・。
写真で見るとさらに下手さが増しますなぁ(笑)

まぁ、がんばろう!!です。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年7月21日日曜日

ニードルレース

以前刺しかけで放置していたニードルレース。



中途半端に投げ出していたので仕上げちゃいました。

アブローダーの30番を使用していたのですが、
結構な毛羽立ちになってしまい、残念。

次に作るときはレース糸で作るべきなのかも。

しかし、このニードルレース・・・
製作するのにとにかく時間がかかる。

最近とてもすばらしいニードルレースの作品を
目にする機会があって、何年かかって作ったんだろう・・・と、
お口をポカーンとあけたまま放心状態になった自分。

昔の人は本当にすごい。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年7月19日金曜日

シュヴァルム刺繍のモチーフの意味の訂正など。

まず最初に、最近の作品制作の報告など。

ツイステッドブランケットステッチのテーブルセンターが完成しました。
が、今日写真撮るの忘れたまま提出しちゃったので
8月のはじめまで写真を掲載することができなくなっちゃいました。

テヘヘ。

そして次に製作するのは、先日編み上げた麻バックの
中袋のイニシャル刺繍。

刺繍教室の先生から、とても素敵な図案をいただけたので、
その図案で刺していくつもり。

そしてそして、その後は、スウェーデン刺繍、フローレンダイン刺繍、
こぎん刺しと仕上げなければならない刺繍が列を作って私を待ってます。

まってろよーー!!シュヴァルムゥゥゥゥ!!!!



と、言うことで話し変わって
シュヴァルム刺繍のモチーフの意味について。

7/17日のブログ記事で、いくつかのモチーフの意味を書いたのですが、
夫に手持ちの本を翻訳してもらったところ違っている部分がいくつかありました。

もう、なんかもう。本当にごめんなさい。

なので、今回は私が読んでもらっている本も一緒に紹介し、
自分なりにまじめに一生懸命調べた内容を書くことにします。




なので、「英語がわかる。」という方は
私が間違ったことを書いている可能性もあるので、
ご自身で確認していただくことをお勧めします。

また、英語がわからない方は、
「へぇー」くらいのテンションで読んでいただければと思います。


まず、シュヴァルム刺繍のデザインの大元となる生命の木(tree of life)とは、
キリスト教由来の「生命の樹」をさしているのだそう。

つまり、シュヴァルム刺繍のデザインとは、
キリスト教が元になっている思想のデザインなのだそうです。

この「生命の樹」を日本語で言い表そうとすると、
「森羅万象の樹」といった感じなのかもしれません。

───────────────────────────
旧約聖書の創世記の中に登場するアデンの園(ユートピア・理想郷)
その中央には2本の樹が生えている。

それが、「生命の樹」と「知恵の樹」。

「知恵の樹」の実(禁断の果実)を食べると知恵を手に入れられる。
けれど、永遠の命を失い死ぬようになる。

「生命の樹」の実は食べると神と等しい存在になり永遠の命を手に入れられる。

そして、アデンの園で暮らす永遠の命を持つ人間だった、アダムとエバ。
神はアダムとエバに禁断の果実だけ、食べることを禁じていました。

ですがある日、アダムとエバは神の命にそむいて罪を犯し、
禁断の果実を食べて善悪の知識を手に入れたと同時に、
永遠の命を失ってしまった。

神は罪に汚れた2人が「生命の樹」の果実を食べ、
永遠の命を手に入れることが無いようアデンの園から追放した。
──────────────────────────────

つまり、「生命の樹」とは、キリスト教の世界の人にとっては
先日私が書いたような生命や輝きのような光の面だけではなく、
死や罪・悪などの闇の面も含まれて1つの意味を持つもののようです。

※こちらの聖書に関しての内容はwikiを参照としました。


という訳で、話が長くなったけど本題のモチーフの意味の訂正。

葉やつるはモチーフに意味があるわけではなく、
「生命の樹」だから通常はついていて、花は死を克服するという意味。
ハートは愛や友情を意味し、
チューリップは太陽の恵みや雨、また人生そのものを意味する。
丸は太陽を意味し、暖かく育む母性的なものを意味する。
松ぼっくりは豊穣を意味すると同時に、生命の樹の実に似ているのだそう。
壺は成長することを意味し、ざくろは食べること・糧を意味する。
鳥は、昔のドイツではハトではなくカラスをモチーフにしていたそうで、
精神を意味するほかに、不運や不幸といったものを意味していたそうですが、
後に鳥のモチーフは平和を意味するハトに替わったのだそう。

上記内容が訂正内容となります。

英語、ちゃんと勉強したほうがいいね・・・。
私の好きな刺繍のことは外国語でしかないんだから><。。


にほんブログ村 刺繍へ

2013年7月17日水曜日

シュヴァルム刺繍が刺したい症候群。

とか言って写真は今週の刺繍教室で提出予定の
ツイステッドブランケットステッチの刺しかけなのですが(笑)



それなのに、なぜシュヴァルム刺繍なのか?というと、
昨日ふとしたきっかけで手持ちのシュヴァルム刺繍の書籍(英語)の
内容数ページ分を夫が翻訳して教えてくれました。

昨日教わったのは、シュヴァルム刺繍って何なのか。
っていうさわりの部分だけなのですが、
私の中でモヤモヤしていたものがすっきりと晴れました。

興味があるけど言葉がわからず理解できないって悲しいですね。
英語のわかる人からしたら、英語勉強すればいいじゃん。
というだけのことかもしれないのですが><。。

という訳で以下は夫に教えてもらえた内容と、
それを元に自分なりにチラッと調べた内容を忘れないように書き残しておきます。
※うろ覚えのところもあるので正しくない可能性があります。


シュヴァルム刺繍はドイツのヘッセン州のシュヴァルムシュタットの刺繍。
なので、Schwalm刺繍はHessen刺繍とも呼ばれている。

刺繍の技法はドロンワークとアジュールの応用といえる白糸刺繍だけど、
シュヴァルム刺繍がシュヴァルム刺繍たる特徴はそのデザインにある。

生命の木をテーマとした左右対称のデザイン、
その木に盛り込まれるいくつかのテーマを象徴したモチーフ。

代表的なものでは、ハートは心、丸は太陽、ハトは平和、
そのほかにチューリップ、花、実、葉、つる、星、花瓶などなど、
それらの詳しい意味はわからなかったけど、
きっと成長とか希望とか自然とか、
そういう田舎の素朴さあふれるたくさんの意味が
モチーフ一つ一つにこめられているんだと思います。

訂正、よく調べたら少し内容が違うようでした。
また調べ途中ですが、詳しくは7/19日のブログに書きました。

つまり、これらのモチーフが盛り込まれていない作品は、
シュヴァルム刺繍ではなく、シュヴァルム刺繍の技法を使った
ただの白糸刺繍になるということなのね・・・。

知らんかったぁ・・。

18世紀~19世紀のシュヴァルムでは、
若い娘が嫁ぐときの教養の一環として学び、
嫁いだ先の家でシャツなどの衣服からベットカバーなど
その家のいろいろな布製品を彩るために学ばれていたそう。

白糸刺繍の女王なんて豪華なあだ名がついているので、
さぞかしゴージャスな経歴ある王宮刺繍かと思っていたのだけど、
実際はごく普通の家庭にあふれる郷土刺繍だったんですねぇ。

あぁん、いやだ、うれしい、この親近感。

私個人としては、フリッフリのかわいすぎる刺繍として
ちょっとデザイン地味にしてほしいわぁ~とか
勝手なことを思っていたのだけど。

デザインが大事なのね!!!と、
胸熱くなる思いで、シュヴァルムを刺したくなったのでした。

意味がわかればデザインを抑え目で楽しむとか、
そういう方法だってあるし、
それにモチーフ一つ一つにテーマがあるって素敵!

これってつまり、ドイツ版こぎん刺しってことよね!!
いやぁー、シュヴァルム大好きになった~。

めでたしめでたし。(何が!?


追記。

シュヴァルム刺繍はシュヴァルム刺繍のデザインのもの。
というルールがあるのであれば、
シュヴァルム刺繍の技法を使った自由デザインの刺繍は何になるの?
と、思った訳で。

答え、となるかどうかはわからないけど、
dresden刺繍や、古代hedebo刺繍がそれらに当てはまるようです。

dresden刺繍って今回はじめて知りました。
刺してみたいです。ンフフフ。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年7月12日金曜日

アジュール刺繍の裏側。

先日仕上げたアジュール刺繍のサンプラーの裏側。

裏糸の始末が甘い場所もありますが(笑)
だいぶ遅くなってしまいましての掲載です。



そしてこちらは、麻バックのもち手の部分のアップ。



中布は相談の結果リネンの布で、
ポケット部分にイニシャル刺繍に決定しました。

どんな風な刺繍をするかは、
ただいま絶賛お悩みいただいているとことです。

どんな刺繍を選んでくれるのか、
待っている私もワクワク。

そして、刺繍教室の課題、
ツイステッドブランケットステッチのテーブルセンター
やることいっぱいですが楽しいです。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年7月11日木曜日

麻バック編みあがり。



麻バック、何とか編みあがりました。

途中体調不良などで手が止まってしまったりで、
だいぶノロノロ運転、ブログも放置でトホホでござんす。

依頼された大きさはA4が余裕を持って入る大きさだったのですが、
高さその他はバランスを見て「お任せで。」と言っていただけているので
独断と偏見と私の勝手なセンスのまま好きに編みました。

外観の大きさはA3サイズのまち幅9cm。
高さは、A4が縦にちょうど入るサイズ。

小柄な女性には大きなバック、
普通の方以上の女性にはたっぷり収納なバック。

狙った大きさはそんな感じです。

ここから中布をつけていく作業になるので、
実際の容量はもう少し少なめになっていくと思います。

現在の重さは約400gくらい。
前回と同じデザインにしていくと、少し重くなるかも・・・なんて思ったり。

依頼主さんと相談しながら今後を進めたいと思います。


にほんブログ村 刺繍へ

2013年7月2日火曜日

本番開始!

パソコンのリカバリをしたので、
画像処理する環境がまだそろってないのっ。

だので今日は写真なし。

本番の朝紐バックを編み始めました。
今回はA3サイズのバックを編んでいるので、
日にちがかかりそうです。

デザインは過去に作ったものと同じもの。

ただ、サイズがだいぶ違うのと、
ショルダー掛け希望のオーダーなので、
もち手部分をどうするか考えながら編んでいます。

中布も何も決まってないまま編み出してる私(笑)

さて、どうなるでしょうか。


にほんブログ村 刺繍へ

いつも応援クリックありがとうございます。
私のためにひと手間かけてくれる方がいるってすごいです。
暖かな愛をありがとう。