~お知らせ~

*ワークショップな刺しゅう教室@名古屋 こぎんコース 4月の参加者を募集中。
  火曜 Am10:00~12:00 4月11日
  土曜 Am10:00~12:00 4月15日、22日
  ※土曜は喫茶店にて行いますので、飲食代は実費になります。

*4月より売店にて、初心者向けのキット販売を開始します。予約も受付中。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2013年6月30日日曜日

麻ひも編みのかご

編み物にだいぶ手が慣れてきたようです。
麻のコースターはあまり使い勝手が良くなさそうでした。

今日はアジサイ色のかごを作成。



とっていもきれいな色に自己満足です!

にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月29日土曜日

麻紐のコースター。

ramママさんから「コースター作ったら?」のアドバイス♪



麻のコースターって乾きも早そうだし、
良いとこ取りな雰囲気ムンムン!

と言うわけで、早速リハビリがてら
コースターの試作をしてみました。

使用している麻糸が柔らかな色合いの糸なので、
太いとの#20番レース糸と引きそろえると
吸水性もプラスされるんじゃないかとお試し編み。

レース糸の色や構成を変えたりして、
いくつか作ってみようと思います。


にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月28日金曜日

久しぶりの麻紐編み。

注文していた麻糸が届きました。

大判の麻バックを依頼いただいているので、
足りなくならないようたっぷりと頼みました。

さぁ、やるぞ!!と気合を入れる前に。

ずいぶん久しぶりの編み物なので
リハビリを兼ねて何か小物を作り、
手を慣らしてから本番に取り掛かるつもりです。



なにつくろっかなぁ。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月27日木曜日

刺繍教室の課題@目の粗い布に刺すフランス刺繍。

花火、ではなくて><*
花園が刺し終わりました!!



これから額縁仕立てにします。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月26日水曜日

アッシジ刺繍の裏側

今日はすごい雨です。
「うわーい刺繍日和!!」なんて思ったのですが、
「毎日が刺繍日和じゃないか・・・。」ほぼ同時に思いました。

トホホ。

と言うわけで今日は、花火改め花園を
一心不乱に仕上げたいと思います!!

サテ、今日のブログはー、
以前載せたものになりますがアッシジ刺繍の裏側。

独学のイタリア式の刺し方と、
教室で習った日本式(?)の刺し方の裏側を掲載します。

アッシジ刺繍(イタリア式の刺し方)



刺し進め方は、ホルベインステッチを先に刺して、
クロスステッチの裏糸がすべて縦になるよう横刺しをメインに。
刺し方が気になる方は、こちらを参考にどうぞ。
刺してみて思ったことは、この刺し方は25番糸で刺すと
糸が割れたりして見栄え的な問題が生じるので、
花糸のような撚りのかかった糸で刺すのが良いなぁと言うこと。


アッシジ刺繍(一般的なクロスステッチで刺したもの)




刺し進め方は、クロスステッチを仕上げたあとに、
ホルベインステッチで縁取り。
イタリア式に比べるとはるかに刺しやすく、
頭を使わなくてすむのでとても楽。
そして25番糸で刺したとき表がとてもきれいに仕上がります。
なので裏が見えないような仕上げにするときは、
こちらの刺し方で刺したほうが断然お得(?)と思いました。


にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月25日火曜日

じわじわ

少しづつですが、じわじわと進んでます。



刺繍教室の目の粗い布に刺すフランス刺繍の課題。

題名は「花火」

にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月24日月曜日

クロスステッチの裏側

過去に刺した刺繍の裏側も、
気がついたことや反省点なども一緒に掲載。

①りんごの木







初めてまともに刺したクロスステッチの作品でした。
なので、場所によって刺し進むステップの踏み方がぶれています。

この作品で一番反省した部分は、りんごの木を囲む赤いひし形の枠。
右下のラインの糸運びが他のラインと違っています。
違った理由は上下を逆に持って刺したと言うだけなのですが、
裏をきれいにという点からは統一感を乱しています。

それと刺してみて気がついた点は、
斜めに渡る長い裏糸をきれいに始末するには、
先に飛び飛びになっている柄から刺すと
裏がきれいに仕上がると言うこと。
具体的な場所で言うと、りんごの木の茂っている部分。
茶色の色から刺していけば刺しやすい。けど、
裏を渡る糸が多いりんごの実の赤から刺していけば、
渡った裏糸をあとから刺したステッチの裏糸で押さえることが出来る。

②ポピーの花







裏の写真が横方向に掲載されてしまってますが、
ご愛嬌という事で(笑)

①の作品の反省点を踏まえて、指す色数が多い花の部分は
飛び飛びになっている色から意識して刺すようにし、
葉の部分は指しやすい場所を優先して指しました。
それと、かく模様の同じ場所を指すときには、
布を持つ向きを意識して裏糸に統一感を持たせるように心がけました。


にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月23日日曜日

刺繍の裏側

ただいま製作中の刺繍の裏側。



刺繍は裏側が大事。と、
いろいろな方がおっしゃるので

裏を大切に刺せるように意識を高めるため、
今後の作品は裏も掲載して行こうと思います。

まだまだ刺しかけですが、途中経過。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月21日金曜日

刺繍教室にて、嬉しかったこと。

今は、刺繍教室のフランス刺繍を
目の粗い布に刺す課題として刺しています。



この刺繍のために買ったこの布なのですが、
中途半端な大きさだったために20cmほどのあまりがでました。

私好みじゃない布、色も質も好きじゃない、
余っても使いにくいなぁ・・・なんて思っていた私。

ふと思い立って先生にそんな気持ちを打ち明けると、
先生は「あまり布があって困ったら持っていらっしゃい」
「どんな刺繍をさすか一緒に考えましょう。」と言ってくださいました。

先生はいろいろなことを教えてくださいます。

「こんな布にはこんな刺繍。」
「私の経験上こう刺したほうがきれい。」
「作品をこんな風に使う方がいるのよ。」
「こんな本があるのよ。」

先生が話すどの話も私にとっては重要な情報。

「このクッションはね、私が20年位前に刺したんだけど、
使ってたらこんな風に擦り切れたのよ。
でも、このメーカーのこの糸は、ホラ!!きれいでしょ~♪」

ニコニコしながら大好きな刺繍の話を
本当に嬉しそうに話す先生を見て

なんだかよくわからないけど、嬉しいなぁ~と思う私でした。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月20日木曜日

忘れられた1枚。

今日のお天気は雨。

2ヶ月近くハンドメイドをお休みしていたせいか、
刺しかけのまま放置された布が作業机の上に。



何かの本を見ながら刺していたような気もするのですが、
それがどの本だったのかも憶えておらず、
何を作るつもりだったのかさえも憶えていない。

サンプラー作るつもりだったのかなぁ・・・。

どこかしまいこんでしまうと存在すら忘れそうなので、
作業机の脇にある小さなかごの上にひらりとかぶせる。

そこでしばらくのあいだ仮のミニかごカバーとして
存在感をアピールしながら出待ちしてもらおうと思います。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月19日水曜日

刺繍教室の課題:アジュール刺繍のサンプラー



サンプラーが完成しました。
が、白糸刺繍は写真撮りにくいですね(笑)

必死に曇り空の中きれいに撮れる場所はないかと
家をうろうろしちゃいました。



教科書のデザインは、
四隅の三角の刺繍が全部同じ向きだったんですけど、
自分好みに方向を変えて刺してしまいました。

サンプラーの耳の部分が少し波打っている理由は、
この作品は本来2枚のサンプラーになるものを
1枚に詰め込んだ作品で、
布を裁断する際に私の判断ミスで、
折りしろが2cmほどしかない大きさに切ってしまい、
無理やり折り込んだせいです。

我ながらうまく誤魔化したつもりだったのですが、
出来上がりを見たら言い訳がしたくなりました。

てへへ。

にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月18日火曜日

引き続き。

アジュールサンプラー作成中。



フォーサイドステッチの変形なステッチなのだけど、
隙間に浮かんでくるクロスがなんともチャーミング。

アジュール用の布って、
ハーダンガー刺繍に使うの布よりさらにスカスカ。

今回この布を購入するとき、
必要寸法よりも多い幅を購入したので、
手元にある本などを参考に
もっと込み入ったアジュール作品を作ってみたいなぁとたくらむ私。

が、その前に。

フランス刺繍の課題と
友人より依頼された麻バックを作らないと!!

というわけで、気合を入れる意味もこめて
ハンドメイドを頑張る=ブログ更新も頑張ろうと
ランキングにひっそり復帰することにしました。

というわけで、気が向いたらペロッと押してやってください。


にほんブログ村 刺繍へ

2013年6月15日土曜日

アジュール刺繍

教室の課題のアジュール刺繍のサンプラー。

中央部分に刺す刺繍が指定されていなかったので、
谷間のゆりさんにお借りした本に掲載されていた
ラインステッチを刺繍してみました。



シンプルだけどかわいいデザイン。
とっても気に入りました。

2013年6月10日月曜日

貴重な本。

数日前。

谷間のゆりさんの仕事場にお邪魔した際に、
お借りしてきた2冊の本。



昭和時代のとっても貴重な本。

昭和中期の本なので、
じっくりと手にとって中を読める事が
奇跡としか言いようがなく
とても楽しんで読んでいます。

というかね、先日歩道走って転んでスライディングしまして、
胸をちょっと打ちまして、色々不自由な感じなんですが(笑)

癒されてます。

谷間のゆりさんありがとう!!


2013年6月5日水曜日

いけませんね(笑)

バタバタとした状況が刺繍と写真にも出ています。

使った布が変わり布だったことも手伝って、
このスモッキングの糸が綺麗に引き締められず、
何やらダバッとした出来上がりに。

そりゃー写真撮影にも力が入りません(笑)