~お知らせ~

*ワークショップな刺しゅう教室@名古屋 こぎんコース 4月の参加者を募集中。
  火曜 Am10:00~12:00 4月11日
  土曜 Am10:00~12:00 4月15日、22日
  ※土曜は喫茶店にて行いますので、飲食代は実費になります。

*4月より売店にて、初心者向けのキット販売を開始します。予約も受付中。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2016年3月18日金曜日

ドロンワークのサンプラー@さぎ草かがり

今日はさぎ草かがり。

サンプルのステッチが少しづつ増えています。

ふふ、楽しい。





↓こんな出戻りな私ですが、応援ポチっと下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2 件のコメント:

  1. ぺんぐいん2016年3月19日 9:27

    質問です。
    こういうかがりって、途中で糸が足りなくなったらどうやって継ぎ足すのですか?足りなくならないように長めに取るのかもしれないけれど、大きいものだと足りなくなるかもしれないでしょ?

    返信削除
    返信
    1. 本には書かれてないので、私のやり方が正しいかどうかわからないのですが。

      私の場合は、写真のさぎ草なんかはダーニングステッチの裏で糸をつけてます。
      ボタンホールステッチの糸始末と同じ方法と言えば伝わりやすいでしょうか。

      花かがりのように花弁が1枚1枚独立している部分で継ぎ足す時は余り気にせず付け足してますけど、たとえば4本の糸でダーニングステッチをしている途中で糸が無くなる時は、1と2の間で裏糸にくぐらせて処理し、糸を出す場所は1と2の間から出してと言う感じでダーニングステッチしてます。

      伝わりにくかった場合は、写真付きで解説しますので教えて下さいね。

      削除

コメントの記入者は「名前/URL」を選んでください。
URLは無記入で大丈夫です、分かりにくくてごめんなさい。