~お知らせ~

<重要>
告知が遅くなってしまい申し訳ありません。
しばらくの間、こちらのブログ更新等の活動を休止させて頂きます。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2016年3月21日月曜日

波かがりのコツと失敗例@ドロンワーク

ドロンワークを刺す際に、絶対に練習してから刺す!
と、決めていた波かがり。

とは言え、サンプラーですから、失敗した方が今後に生かせるぜ!!

と、ぶっつけ本番で刺しました。

ら、やっぱり失敗してんじゃんwwwwwwwwwww
ちなみに、真ん中の段は7段の波かがり。
その他は6段の波かがりです。

 と言う訳で、刺す時のコツを書き残し。

波かがりはボタンホールステッチで刺していく訳ですが、
全体的にボタンホールは引き「締めすぎない」がコツ。

波かがりはボタンホールステッチで刺していく訳ですが、
全体的にボタンホールは引き「締めすぎない」がコツ。

①山にたどり着くまでの登りのステッチの糸引きは布に対して垂直、
引いた糸は真上に倒して緩まぬようにしっかりと指で押さえつつ刺し進める。
②登り分を刺し終えたら、針で山の位置を寄せたりして形を整える。
③下りのボタンホールステッチは上りと同じく布に対して垂直に、今度は少し緩めに糸を引く。
引いた糸は、刺し進む方向へ倒してステッチを広げるイメージに。
整えた糸が緩まぬように指で押さえ、次のステッチを刺し進める。


<まとめ>
←の列の真ん中のステッチと一番下のステッチを見比べてみてください。

比較的綺麗に出来ているステッチは、①と②を正確に行ったもの。
真ん中のステッチの刺し進んだ方向は左から右(→方向へ)、

山の形がなんだか歪な形なのは、①が適当、②だけ一生懸命のステッチ。
下のステッチの刺し進んだ方向は右から左(←方向へ)。



ちなみに、失敗例①として・・・。

画像の波かがりの左右の列の一番上の2個。

←が刺し直したステッチ。→が一発で刺したステッチ。
なぜ←が小さいのか、その理由は刺し直しをした事で、
布の織り糸が緩んでしまったから。

なので、必要以上にボタンホールが締まる形になり、
全体に小さくなったと言う訳です。

そして失敗例②
右中央の波かがりは、失敗して刺した後に
形を整えようとして糸が緩み、更に失敗した波かがりです!

ふふふ、完璧なまでの失敗ぶり。
これぞ、私による私の為のサンプラーって感じっす!!


↓失敗のあるサンプラーって良いじゃない!とおもったら応援ポチっと下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの記入者は「名前/URL」を選んでください。
URLは無記入で大丈夫です、分かりにくくてごめんなさい。