~お知らせ~

*ワークショップな刺しゅう教室@名古屋 こぎんコース 参加者募集中。
  ※土曜は喫茶店にて行いますので、飲食代は実費になります。

*4月より売店にて、初心者向けのキット販売を開始します。予約も受付中。
諸事情により中ごろへ延期させていただきます。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2016年3月31日木曜日

チェックの布にクロスステッチ!

失敗続きに心折れないよう、気分を差し替えた作品を作る事にしました。
と言う訳で、コースターの試作。
全体はこんな見た目。

デザインを変えながらいくつか作ってみたいと思います。

↓頑張ってナ!とおもったら応援ポチっと下さい。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月30日水曜日

間違ってもめげない。

真っ黒黒助のドロンワーク。
ちゃんとできてるように見えるでしょう?

けど、恐ろしい事にこれも失敗してるんだぜ・・・。

何が失敗かって?
刺しゅう範囲を間違ったんです。

縁を作るだけの布が無い・・・・ハハハハ。

なんでこんなに間違うんだろう。
妊婦だから?????

さて、コイツをどうしてやろうかっ。

↓頑張ってナ!とおもったら応援ポチっと下さい。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月29日火曜日

縦横比の違う布、横長と縦長どっちで使うのが好き?

↓こちらの本の6Pに掲載されている
小さな額というドロンワークサンプラーを作成してみました。


と言っても、ちょっとおかしなことをするのが私らしさ。

ずっとやってみたかった黒い布に刺すドロンワーク。

けど、刺し終わって気がついたら刺し忘れている個所があって。
それに、これを額に入れて見たものの、
黒い布を飾れるようなそんな場所が我が家に無いという事実。
なので、刺し忘れをちゃんと埋めて、
お遊び要素も加えて間違い探しようにもうひとつ刺してみました。

で、ですね。

下の刺しゅうが全体的に縦長になっているのは、
縦横比率の微妙に違う布が
どのくらい刺しゅうの完成に影響するのかを確認したくて、
布の向きを変えて刺しているから。

なので、間違い(刺し忘れ)探しは
あくまでもステッチに関してと言う事なのですが・・・。

難易度高すぎ?
ヒントは、各ドロンワークの縁かがりの部分。

そして刺し終えての感想は、
縦長と横長とどっちの方が印象が良いのかというと
私は横長の方が好きだなと。

2つならべて見た目を比べるとこんな感じ。

と言う訳で、折角完成したこの子たちは
我が家の収納へと向かう運命となりました。

また時間のある時にもで、縁の仕立ての練習用として
私の実験台になる日が来る事と思います。(笑)

あ、そうそう。
刺し忘れの答えはドロンワークの縁のボタンホールステッチ部分
角があるかないかの違いでした。

↓次の作品行ってみよう!とおもったら応援ポチっと下さい。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月28日月曜日

丸型刺しゅう枠スタンドの優勝者。

兼ねてから気になっていたクローバの純正品スタンド。



思い切って買っちゃいました。
これまでは24cmの一体型の刺しゅうスタンドを使用していた私ですが・・・。

やっぱりアレです。
高いだけあって、めっちゃ使いやすかった。
首とかぐりんぐりん回してさ、
たまに回し過ぎて回らない方向に回そうとしてたりするくらい。
申し分なく、コイツが優勝。めっちゃ使いやすい!!

それに、丸枠の刺しゅう枠のサイズ問わず使えるんだもん。
物によっては、四角の刺しゅう枠も行けるみたいやし。


気になる方にちょっと使用方法をご説明。

こちらのクローバの刺しゅうスタンドは、
てこの原理を利用して刺しゅう枠を固定するタイプ。

①刺しゅう枠を仮止めする。
最初に刺しゅう枠側の白いねじねじで
刺しゅう枠が入るくらいの幅に調整し、
次に白いねじねじの下の木のハンドルを回して
全体の幅が平行になるように調節する。
次に、刺しゅう枠を出来た隙間にさしこんで、
白いねじねじを軽く締めて刺しゅう枠を仮止めする。

②刺しゅう枠を固定する。
白いねじねじのすぐ下にある木のハンドル側を今度は広げる方向に回す。
そうすることで、てこの原理で逆側の刺しゅう枠を挟んでいる場所が狭くなる。


と言う訳で、買った道具が思っていた以上に素晴らしかったので
私テンションが上がりまくり。

刺しゅう枠も、こちらの購入に伴って新しく2サイズを購入し、
10、12、15、18、21、24と揃えてなんでも刺せるぜ状態に!

作りたいものが一杯。
ぐふふふふうふふふ。


↓良かったね!とおもったら応援ポチっと下さい。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月26日土曜日

波かがりを刺す時のコツ@ドロンワーク

今作成している刺しゅうの、波かがりを刺し進めるに当たり、
先日記載した「波かがりのコツと失敗例@ドロンワーク」も少し手直ししました。

新しく書き直したのは以下。

波かがりはボタンホールステッチで刺していく訳ですが、
全体的にボタンホールは引き「締めすぎない」がコツ。

①山にたどり着くまでの登りのステッチの糸引きは布に対して垂直、
引いた糸は真上に倒して緩まぬようにしっかりと指で押さえつつ刺し進める。
②登り分を刺し終えたら、針で山の位置を寄せたりして形を整える。
③下りのボタンホールステッチは上りと同じく布に対して垂直に、今度は少し緩めに糸を引く。
引いた糸は、刺し進む方向へ倒してステッチを広げるイメージに。
整えた糸が緩まぬように指で押さえ、次のステッチを刺し進める。

これはあくまでも私流、もっといい方法があるぜよ。
まるでダメ、そんな事いっちゃ絶対ダメ!なんてアドバイスがあったらお教え下さいませ。

↓まぁ、いいんじゃない!とおもったら応援ポチっと下さい。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月25日金曜日

次回作もドロンワーク。

昨日刺し終えたドロンワークのサンプラー。
とりあえず家にあった100円均一かなんかの額に入れました。
「次は何しようかなー」なんて考えていたのですが、
一度やってみたかった真っ黒な布へのドロンワークに挑戦。

手が慣れているうちにやっちまおうぜ!的なノリ。
図案ははじめてのドロンワークより、
作品は出来上がってのお楽しみっ。

↓頑張れよ!とおもったら応援ポチっと下さい。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月24日木曜日

ドロンワークのサンプラーの仕上げ。

今日でサンプラーを刺すのは終わり。

残っていた隙間に3か所ステッチを刺しました。


①ダーニングかがりの下の3段のドロンワーク
下段からダイヤモンドかがり、すくいかがり、ボタンホースステッチ。

②ダーニングかがり左のジグザグかがりの変形。

③そのしたの片ヘムかがり。

これで全部が埋まりました。






↓お疲れ様!とおもったら応援ポチっと下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月23日水曜日

ダーニングかがり@ドロンワーク

ダーニングかがりは色んな模様が出来て楽しい。













↓この模様好きかも!とおもったら応援ポチっと下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月22日火曜日

へリングボーンsとすくいかがり@ドロンワーク

このステッチ好き。
だって、めっちゃ簡単なのにドロンワークって感じするんだもん!










↓分かるかも!とおもったら応援ポチっと下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月21日月曜日

波かがりのコツと失敗例@ドロンワーク

ドロンワークを刺す際に、絶対に練習してから刺す!
と、決めていた波かがり。

とは言え、サンプラーですから、失敗した方が今後に生かせるぜ!!

と、ぶっつけ本番で刺しました。

ら、やっぱり失敗してんじゃんwwwwwwwwwww
ちなみに、真ん中の段は7段の波かがり。
その他は6段の波かがりです。

 と言う訳で、刺す時のコツを書き残し。

波かがりはボタンホールステッチで刺していく訳ですが、
全体的にボタンホールは引き「締めすぎない」がコツ。

波かがりはボタンホールステッチで刺していく訳ですが、
全体的にボタンホールは引き「締めすぎない」がコツ。

①山にたどり着くまでの登りのステッチの糸引きは布に対して垂直、
引いた糸は真上に倒して緩まぬようにしっかりと指で押さえつつ刺し進める。
②登り分を刺し終えたら、針で山の位置を寄せたりして形を整える。
③下りのボタンホールステッチは上りと同じく布に対して垂直に、今度は少し緩めに糸を引く。
引いた糸は、刺し進む方向へ倒してステッチを広げるイメージに。
整えた糸が緩まぬように指で押さえ、次のステッチを刺し進める。


<まとめ>
←の列の真ん中のステッチと一番下のステッチを見比べてみてください。

比較的綺麗に出来ているステッチは、①と②を正確に行ったもの。
真ん中のステッチの刺し進んだ方向は左から右(→方向へ)、

山の形がなんだか歪な形なのは、①が適当、②だけ一生懸命のステッチ。
下のステッチの刺し進んだ方向は右から左(←方向へ)。



ちなみに、失敗例①として・・・。

画像の波かがりの左右の列の一番上の2個。

←が刺し直したステッチ。→が一発で刺したステッチ。
なぜ←が小さいのか、その理由は刺し直しをした事で、
布の織り糸が緩んでしまったから。

なので、必要以上にボタンホールが締まる形になり、
全体に小さくなったと言う訳です。

そして失敗例②
右中央の波かがりは、失敗して刺した後に
形を整えようとして糸が緩み、更に失敗した波かがりです!

ふふふ、完璧なまでの失敗ぶり。
これぞ、私による私の為のサンプラーって感じっす!!


↓失敗のあるサンプラーって良いじゃない!とおもったら応援ポチっと下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月20日日曜日

地味になっていくサンプラー@ドロンワーク

ここからは、地味ステッチの連続となりそうです。

計画性の無い隙間埋めの繰り返されるサンプラー。
でも、ドロンワークだからそれも良いかなって思ったり。






↓それも良いじゃない、とおもったら応援ポチっと下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月19日土曜日

ルール無視という?それとも、応用という?@ドロンワーク

ドロンワークのダーニングステッチの花などは、
角に来るのが当たり前で辺の中に来ているのを見た事が無かった私。
(ただし、縦糸を使って花かがりなどを繰り返すのは別の話)

やっちゃダメなの?出来ないの???
なーんて思ったのでレッツチャレンジ。

結果、やって出来ない事は無い。
抜き糸の処理がめっちゃ手間だったけど。

これはこれでシンプルでかわいいんじゃないの?と思う私。

縦糸を利用してステッチする事も考えたけど、
それだと角と形が変わっちゃうよね。

全辺をボタンホールステッチにして、ってしたら
今度は結びかがりの雰囲気が変わるのかしら。

あ、でも、悪くないかも。

って思ったら、次にやりたくなっちゃうよねぇ~。








↓有りでしょ!と思ったら、応援ポチっと下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


2016年3月18日金曜日

ドロンワークのサンプラー@さぎ草かがり

今日はさぎ草かがり。

サンプルのステッチが少しづつ増えています。

ふふ、楽しい。





↓こんな出戻りな私ですが、応援ポチっと下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月17日木曜日

失敗するのも私、それが今の刺しゅう生活。

次のステッチに進んだんですけどね。

ここまで刺して気がついたんですよ、




















間違ってるやん・・・・。って(笑)






仕方が無いので、パチパチと切って、
真ん中つまんで振り振りしてさっさと解き・・・。








やっとやりたかった事が出来ました~。

ふふふ、どうです?
凄い間違いっぷりでしょう?

でも、負けません。
だって、刺しゅうが大好きなんだもーん!!


↓こんな出戻りな私ですが、応援ポチっと下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2016年3月15日火曜日

スタンドタイプのフープ刺しゅう枠、と、キング間違い大魔王降臨中。

もう、いやあああ(笑)
なんでこんなに集中力がないんでしょうか。


と言うか、注意力がないと言った方がいいのかもしれません。
脳が老化しているのか・・・。

こちらの刺しかけのドロンワークは、
矢車草かがり(写真左角のステッチ)をして仕上げるつもりだったのですが、
何故かアジサイかがりの変形みたいなステッチと混在に。

まぁ、理由は解くのが嫌で「誤魔化してしまえばいいじゃない!!!」と
半ばヤケになって2個×2個の模様にしたからなのですが。


誤魔化せる程度の間違いなら良いんです。

が。

今後の刺し進む先がとても心配です。




それと、最近刺しゅうを復活するにあたって購入したのが
以下のタイプの刺しゅうスタンド。

ちょっとくらい値が張っても良いかなー。
ロッキングチェアでお股に挟んで使用したいし。

と思っての購入。




でも、写真の刺しゅう枠はスタンドタイプにしては小さいじゃない???
とお思いでしょうか。

まぁ、アレですよ。
普通のものを普通に使わないのが私の性格・・・。

小さな刺しゅう枠をつけた布を、更に刺しゅうスタンドの枠に入れて使ってます。

つまり、見た目は「◎」←こんな状態(笑)


両手が使えて、なかなか便利。

私が購入した品は、当たり外れが多いらしく、
好評な人と最悪と言う人の落差が激しい品だったのですが。

私はとても便利に使えてます。
と言っても、やっぱりDMCの正規品を購入する方が
壊れにくくて良いのかもしれませんね。


↓こんな出戻りな私ですが、応援ポチっと下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ