~お知らせ~

*ワークショップな刺しゅう教室@名古屋 こぎんコース 参加者募集中。
  ※土曜は喫茶店にて行いますので、飲食代は実費になります。

*4月より売店にて、初心者向けのキット販売を開始します。予約も受付中。
諸事情により中ごろへ延期させていただきます。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2017年1月21日土曜日

刺しゅうを安価な額に入れる。

100円ショップなどで売られている安価な額に刺しゅうを入れる場合、
表に来る窓がガラスのものより、プラスチックのものをお勧めします。

理由は、窓になるガラスとプラスチックの厚みの違いにあります。
ガラスは厚く、プラスチックは薄い。
けれど、額のガラスなどが入る溝の深さはガラス仕様の傾向が強い。

なので、プラスチックのほうが刺しゅうをつぶさずに入れられます。

では、どうやって仕立てるのか。

簡単に言ってしまうと、ブローチと同じように
台紙の代わりに額の後ろ側にある蓋(?)をくるんで仕立て、
裏に薄手のフェルトをパッチしてしたてます。
なので、額から刺しゅうを外すと下の写真のように
マグネットみたいな形になります。
そのほかにも注意点やコツなどありますが、それはまた後日。

↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの記入者は「名前/URL」を選んでください。
URLは無記入で大丈夫です、分かりにくくてごめんなさい。