~お知らせ~

*ワークショップな刺しゅう教室@名古屋 こぎんコース 4月の参加者を募集中。
  火曜 Am10:00~12:00 4月11日
  土曜 Am10:00~12:00 4月15日、22日
  ※土曜は喫茶店にて行いますので、飲食代は実費になります。

*4月より売店にて、初心者向けのキット販売を開始します。予約も受付中。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2017年2月27日月曜日

刺しゅう初心者レッスン:25番刺繍糸の使用方法

基本的な使用方法はあま撚りされている1本を使用する長さにカットし、
カットした糸を必要な本数に分けて使用します。

ですが、まれにそのままの状態で刺すこともあります。
分けて使用する場合の使用方法は、
1本の糸束から1本ずつ一度引き抜いて本数そろえて使用します。

<Q1>
「2本どりとか、6本どりってどういう意味?」

刺しゅう図案に書かれている25番刺繍糸2本どりの表記は、
この細い糸を2本引きそろえるという意味です。
また、6本どりはそのまま1本使用したくなるかもしれませんが、
これも糸を1本ずつ6本すべて引きそろえて使用します。

<Q2>
「どうして引きそろえる必要があるの?」

それは刺しゅうの仕上がりに関係します。
たとえば6本どりのステッチを刺すとします。
6本の糸が1つのステッチ上できれいにねじれずふわっと並んで刺されている。
そんな状態にしたい時、引きそろえてステッチします。

<Q3>
「1本そのままの風合いを表現したステッチを刺したい!」
刺しゅうの表現として、もしくはふんわりとした風合いにしたくないとき、
6本全部が緩やかによりがかかっている状態で使用した方が便が良い場合、
6本を分けずにそのまま使用します。

絶対に分けないとだめ!!という訳ではありません。

ですが、そのままを使用するより、
一度引きそろえた6本を針を回転させながらよりをかけて刺した方が
そのまま使用するより綺麗な仕上がりになりやすいです。

↓更新頑張って!とポチっとください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
応援クリックありがとう、やる気と元気をもらえてます。
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの記入者は「名前/URL」を選んでください。
URLは無記入で大丈夫です、分かりにくくてごめんなさい。