~お知らせ~

*ワークショップな刺しゅう教室@名古屋 こぎんコース 4月の参加者を募集中。
  火曜 Am10:00~12:00 4月11日
  土曜 Am10:00~12:00 4月15日、22日
  ※土曜は喫茶店にて行いますので、飲食代は実費になります。

*4月より売店にて、初心者向けのキット販売を開始します。予約も受付中。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2017年1月31日火曜日

ハーダンガー完成

先日から刺し進めていたハーダンガーが完成しました。
サテンステッチとバックステッチとケーブルステッチをWで刺し、
マルティーズクロスとウーブンピコットとループでかがりを。
縁は額縁仕立てでヘムステッチ。

こちらの本に掲載されていた1cm8.5本の布のものを、
布は1cm13本で、糸は8番と12番に変更して作成しました。

この本、私は結構好き。
初心者で購入しても「これなら作れそう!」という作品から大物まで
自分のペースで刺し進められると思うから。

ただ残念なことに、ウーブンピコットの刺し方が
この説明じゃ難しすぎて出来ないよ・・・。となるのがちょっと。

私が知る限りでしかないのですが、
3通りほどあるピコットの作り方のうち、
一番簡単だと思うものをこのブログに掲載していますので
これから買ってチャレンジするという方は、参考にどうぞ。

ピコットの作り方

↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月30日月曜日

4月からのレッスンに向けて。

4月まで、あと2カ月あるわけですが、
実際は言うほど余裕がない日程で準備を進めています。

と言っても最初はワークショップを行うための準備。

2月に4月のレッスン日候補を決めて、
3月に運営の方と予行レッスンを行い、4月から始動。

そんな中、とても嬉しいことに早くも「参加希望!」との連絡が。

予定としては、簡単なイニシャル刺しゅうを行うか、
こぎん刺しを行うか悩んでいたのですが・・・。

ありがたいことに、参加希望の連絡をくださった方が
こぎん刺しに興味があるそうなので、
初回はこぎん刺しのくるみボタンを行う方向で調整しています。

1時間半で出来ること。という縛り。
何ができるかなーと考えている時間がとても楽しい。

クロスステッチやアッシジ、アジュールやドロンワーク、
リボンやビーズやパッチワーク、
ハーダンガーやカットワークやヒダボとかシュヴァルム。

いろんな刺しゅうがある中で、
1時間半で出来ること。

ちょっとの刺しゅうで見栄えがよく汎用性があるもの。

新しいことを始める時って、
頭の中がワクワクでいっぱい。

考えれば考えるほど、脳味噌が喜んでます。

楽しみで早く来ないかなーって思うけど、
準備がまだなのでほどほどに早く来てほしい。

そんな気分。

刺しかけのハーダンガーは、
今ラストスパートで額縁仕立てでヘムってる。

明日には完成&写真投稿できそうです。

↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月29日日曜日

東別院手作り朝市@名古屋

昨日は名古屋の東別院で毎月28日に行われている
「手作り朝市」を見に行ってきました。

お昼11時ころには結構な人出でしたが、
ハンドメイド好きの女性がいっぱいかと思っていたイメージとは違ってた!

「イベントやってるから来た。」的な
おじいさんおばあさん、おじさんおばさんがいっぱい。

私的には、愛知県らしいというか。
多種文化や年齢などに壁がないというか。

こういう感じが好きで愛知に越して来た私。
やっぱり、名古屋が好き!と思わせる賑わいでした。
手作り市を見学する際のアドバイスをくれた
春日井の「fujisou」さんも来てたー!
オーナーさんのプラバン作品がすごいかわいいのっ。
愛知県のハンドメイドをいろいろ見れて楽しかった~。

車の運転ができない私、
だから行きたいところへはいつもツレに連れて行ってもらっている。

「休日は暇だから。」
「目的もなくうろうろする気にもならないからさ。」
「自分の知らない世界を見れて楽しい。」と、
手芸屋や布屋など、一つも嫌がらずに連れて行ってくれるツレ。

お礼と言うつもりはないのだけど、
ついついツレが関心を持ったものを買ってあげちゃう。

今回は水キムチやらチャンジャやら、
そのほかにもアイスなんかも買ってあげちゃった。

こどもかーい。テナ。

↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月28日土曜日

ハーダンガーのピコットの作り方

ハーダンガーのウーブンバーにつけるピコット、
「本を見ても難しすぎて出来ない!!」という方がいたことを思い出したので掲載。

ちなみにこの刺し方は、
出版されているハーダンガー本とはちょっと違う刺し方です。

表から裏へ、針を上へ下へ交互に進めて、
ピコをつけたい位置に到着しました。
それでは、ここにピコを作ります。
表から裏へ、針をもう一度上に渡します。
渡した針に、針の下から糸を渡して2回からめます。
(逆向きを刺すとき、または糸を逆に巻くときは1回からめます)
そのまま針を引き抜いて、糸を引いて結び目を作ります。
このとき、あまりギュッと引きすぎないこと。
(このときの結びのゆるみがピコットの大きさになります)
ウーブンバーの続きを刺します。
糸を下に渡したことで、ピコットが出現します。
ピコットに針を入れて、形を整えます。
奇麗なピコットができました。
続いて、ウーブンバーを仕上げていきます。
以上、ピコットの作り方でした。

↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月27日金曜日

予定は未定なれど、楽しみ!

刺しかけのハーダンガーは、
糸のカットが終わり、かがりの段階に入りました。
今日もこちらの本を刺しています。


4月より、名古屋市北区で刺しゅう講師をすることになりました。
が、2月の中頃に、息子が4月からお世話になる保育園がわかる予定なので
具体的なお話はその発表が終わってからとなると思います。

いろいろと準備など、早め早めでやっておかねば。
今の自分にできることを最大限に頑張りたいと思います。
 
息子の保育園受かりますように!!

↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月26日木曜日

昨日の糸よりの続き。

昨日に続いて、この本のハーダンガーを刺しています。

よく寝る息子のおかげで結構進んでます。

さて、昨日の糸よりの話ですが。
上の写真のサテンステッチは、
どちらも右から針を入れて左から出す刺し方です。

刺しゅうは刺し手によって針の扱いグセがあります。
なのでこの話は私の場合はです!(これ大事、私の場合ですからね!)

①右のステッチ
進行方向を上に向かって刺し進めたもの。

この刺し進め方は糸のよりがほつれていく刺し方なので、
コットンパールの美しい糸よりを刺しゅうに反映させるためには、
微妙な加減で糸によりをかけながら刺す必要があります。

が、これがなかなか手間がかかるというか何と言うか、
私と同じく糸よりをかけながら刺すのが難しいと感じている方なら
このなんとも説明しがたい感じをご理解いただけるかもしれませんが・・・。

糸にかかる摩擦で糸のよりが伸びていくほどに、
根元部分に奇麗なよりをかけにくくなり、
仕方がないので妥協して刺しすすめさざるおえなくなります。

それを回避するためには、必要以上に糸を短く切る。
もしくは、刺しゅう枠を使用して畳を縫うように一針一針上下に抜き出すしかありません。

なんにしろ、いちいち気を使うので地味に疲れます。

②左のステッチ
進行方向を下に向かって刺し進めたもの。

何も考えずに、気も使わず、ザクザク刺しただけのステッチです。
こちらのステッチは右の刺し方と逆に糸によりがかかっていく刺し方なので、
気をつけることは糸によりをかかりすぎないようによりを逃がすくらいの作業。
ちょっとねじれを気にするだけなので気を使わず楽です。

そして、コットンパールの糸よりの話なのですが、
コットンパールの糸よりは、②の方向に力を加えてよられています。

人ぞれぞれ針の扱いグセがありますので、右利き左利きもありますし、
どちらの方向にどう進むかは人によって違うかと思います。

糸の寄りのかかっている方向×刺し手の癖=どうなるか。
これが私の言いたいことでもあります。

緩んで広がる糸に力を加えて刺すのが楽か、
ねじれを解放しようとよじれる糸の力を解放するのが楽かと言えば、
力を加えて刺すより、逃がして刺すほうがはるかに楽です。

私はサクサク刺し進めたい派なので、
糸よりを逃がしながら刺しています。

ちなみに、上の2つの写真。
右は気を使いながらい糸よりを調整しつつきれいに刺したステッチ。
左はいとよりを気にせずガスガス刺したステッチ。

2つの違いがわからないぜ!
という方は、ぜひご自身でお試しくださいませませ。

追記。

おまけで言うなら糸はよりが強くかかっているほうが丈夫です。
が、よりをかけるということは糸が細くなるということでもあります。

↓ わたくし、このやる気スイッチが押されると頑張ります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月25日水曜日

糸によりをかけるか、よりを逃がすか。



今日は、こちらの本のハーダンガーを刺しています。

カウント刺しゅうのサテンステッチ、
コットンパールは糸の美しさが刺しゅうの出来に大きく影響しますよね。
通常、サテンステッチをさす場合は
針を右から左にくぐらせて、上に進めるようです。

私も右側の刺し方を教わりました。

ですが、今は左の刺し方をしています。
おかげで刺す速度は以前の倍以上になりました。

あんまり長い文章を書く時間がないので、
詳しい話は、また明日にでも。

↓ わたくし、このやる気スイッチが押されると頑張ります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月24日火曜日

刺しゅう糸を安易にケチって使う方法。

刺しゅう糸を最初から一定の長さに切って保管している方、結構いると思います。
というか、私が知る限りほとんどの方が切って保管しているような気がします。

で、ですがね。

たかが100円、されど100円の糸。
自分がやろうと思った場合、私にはもったいなくて出来ない。
だってね、だってね。

約8mの糸を約50cmの長さに切ったとして、使用した結果10cmの余りが出ると仮定します。
8m÷50cm=16本  16本×10cmの余り糸=1.6m 

1.6m!?8mの20%???って思いませんか。

80%しか糸が使えてないわけですよ。

稼動率80%。

つまり、毎回100円で糸を買ってるとしたら20円捨ててる訳です。
100本つかったら、2000円捨ててる訳です。

ただ単に短く切りそろえてしまっているというだけの理由で。

という訳で今回は、切りそろえている理由が
「40~50cmの長さをいちいち測るのめんどくさいから」という方に
お勧めの物差しいらずな糸の長さの測り方をご紹介します。


糸をつまんでぶらりと下げる。
写真ではわかりやすく、30cm物差しをつまんでぶら下げてみました。

①クロスステッチを1本どりで刺す場合の長さが欲しい時、
 つまんだ状態の「手」2つ分のところが約20~25cm。

②40cmくらいの長さが欲しい時は、肘のちょっと下あたりでカット。

50cmが欲しい時は、①を2回分、もしくは、②+10cm位を目測でカット。

これなら使用用途に応じて、道具を使わずに
糸をだいたい同じ長さで切りそろえることができます。

とか言いつつ。

実は私、刺しゅう糸は80cmの長さに切りそろえている人。
理由は、またいつか書くかも。

↓ 興味を持ってくれた方、このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月23日月曜日

ピカソ的盗作遊び。

昨日のブログで話題にした今回の刺しゅうのお手本バスマット。
実は、昔315円で買ったこんなマットでしたー!
このマットを美化して見ると、私にはこう見えた的な。

刺し終えたものには、目の錯覚を利用した色配置など
小さな遊びも入れて仕上げています。

明日はこの刺しあがった布を額入れします。
錯覚については額入れしたら報告します。

ピカソ的盗作遊び、たのしい!

↓ 興味を持ってくれた方、このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月22日日曜日

盗む色選び。

昨日の額の続きを書こうと思ったのだけど、
いろいろ思うこともあり、もし知りたいという方がいたらご連絡ください。

その時書きます。


という訳で、普通のブログ。

先日作った図案に色をつけて刺すことにしました。
配色は我が家にあるお風呂場前のマットの色(笑

気に入ってるんですよ、なんだか涼しげなその色合い。


以前とある方に「配色はどうやって決めているんですか?」と質問したところ、
「大好きなリバティの布から」とお返事をいただいたことがあります。

0から何かを作り出すことは本当にすごいことです。
だから、それをまんま模倣することはいけない。

けれど、何かを盗んで新しく生み出すことや、
真似て学んで自分のものにすることまで否定したら、
すべてが死ぬと私は思うのです。

凡人は真似をする、天才は盗むのピカソだって、
チープに言っちゃえばパクってなんぼ。

だから私も、お風呂場前に敷いてあるマットですよ。
ふふふ、私も天才。

いやね、なんかね。
何でマットなんて貧乏ったらしい話をと思う方いらっしゃるかもしれないけどね。

刺しゅうは裕福な人のものみたいなのって何なんでしょうね。
っていう、皮肉が今日の私にはあるんです。

最近そういうの痛感することがあってね(笑

で、今日ブログを書こうと思ったらふと、
刺しゅうを刺すような優雅な生活ができる人が安価な額に
せっかく作った作品を入れるなんてしないかハハハ。

なんて思ったりもした訳で。

裕福じゃないのに刺しゅうが好きな私ってすごく捨てちゃいけない気がしたんです。
身の程を知り、見えを切る生き方はしんどいとも思うし。

と、言うことを思っていたら、
そのお陰で良いことに気がつけた気がして、いい感じな私がいます。

なんかね、変に燃えてるというか、火がついたんですよ。私の心に。

今年の刺しゅうテーマは、ピカソ的学びを大切に成長したいと思います。

↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月21日土曜日

刺しゅうを安価な額に入れる。

100円ショップなどで売られている安価な額に刺しゅうを入れる場合、
表に来る窓がガラスのものより、プラスチックのものをお勧めします。

理由は、窓になるガラスとプラスチックの厚みの違いにあります。
ガラスは厚く、プラスチックは薄い。
けれど、額のガラスなどが入る溝の深さはガラス仕様の傾向が強い。

なので、プラスチックのほうが刺しゅうをつぶさずに入れられます。

では、どうやって仕立てるのか。

簡単に言ってしまうと、ブローチと同じように
台紙の代わりに額の後ろ側にある蓋(?)をくるんで仕立て、
裏に薄手のフェルトをパッチしてしたてます。
なので、額から刺しゅうを外すと下の写真のように
マグネットみたいな形になります。
そのほかにも注意点やコツなどありますが、それはまた後日。

↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月20日金曜日

地刺しをヒントに図案を作る。

地刺しから、連続模様つながりでクロスステッチの図案作成。

前回の地刺しのイメージを引きずって図案を作ったら、
なんだかちょっと納得いかない配置だった。

全部さしたらきっと、私がどことなく引っかかってる面白くなさが前面に来そうだなって。
だから一部スペースを空けて刺し終え、これで完成とすることに。

もっとお花をみっちり詰めた方が良かったかな。
もしくは、お花の間にラインを入れたほうが良かったかな。

こういうときの私は、図案を書いただけじゃ満足できない。
図案と実物のイメージが簡単につながる人がうらやましい。

非効率な性格。
刺すしかないかー。

↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年1月19日木曜日

作ってみた@地刺しの額

昨日刺してるんだぜ宣言をした地刺しの刺しゅう。

刺し終わったので額入れしました。

でね、額入れしてから気がついたわけですよ。
刺し忘れに・・・・。

というわけで、間違い探しのコーナー!!どんどんパフパフ。

さささっと見つけた方は、
明日!いいことが少しだけあるかもしれない。

サ、サイペンで額の上から書き足すか・・・(ぉぃ

↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

今日の作品は、こちらの本の図案を刺しました。

2017年1月18日水曜日

本紹介:地刺しの連続模様 戸塚刺しゅう



先日、こちらの本を購入しました。

ステッチイデーに掲載されていたコスモのキットがあまりにも可愛くてつい。

***********************

クルミボタンやマグネット、ピンクッション、コースターなど。
小さな布に地刺しを刺す事が主役の一冊。

キットで販売されているアザミや野原の花など、
仕立ては違えど刺し方がすべて記載されています。

配色が個人的に戸塚刺しゅう=メルヘンなカラフルというイメージがあったのだけど、
この本は戸塚刺しゅうらしくないような配色の物も多くある気がしたり。

って、私は戸塚刺しゅうの何を知っているんだとお叱りを受けそうな。。。(すいません。

デザインや配色がシンプルなものが多く掲載されているので、
小さな布にいろいろ刺して楽しみたい気分の時や、
刺しゅう糸の色を楽しみたい時にいかがでしょう!

私はかなり好きな一冊です。

************************

現在私らしい色合わせを模索中。

クルミボタンや小さな額を作って色合わせを楽しみたいと思っている私には、
ちょうどよい素敵な一冊でした。

DMCのアンティーク書籍の中にもこういう地刺しのような図案があった気がするのですが、
必死に探しているけど出てこない・・・・。

なんてこった!!!奴らは情報の海に沈んだのか!!
(ただ単に、片づけておけよという話でもある。)

最近ね、色合わせの中に地味で目立たない色をね、
刺し色みたいなちょっとの量を隠して入れるみたいな。
そんな感じがマイブーム。

とりあえず、1つ刺し終わりそうなので
完成品の写真はまた後日。


↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2017年1月16日月曜日

愛知県ハンドメイド好きの会を!!

2017年、気がつけばなってしまっていました。

出産育児の2016年でしたが、
2017年はハンドメイド活動をがつがつする年にしたいと思っています。

1月末からやりたいこと!
・愛知県でハンドメイドのお友達を作りたい!!

4月までにやりたいこと!
・ネット販売を今度こそ本格的に開始するべく、
 手持ちの本の作品やらなんやらと、
 作って作って作り倒して刺しゅうの勘を取り戻したい!

4月から!
・やることやってがつがつ走る!!
・ブログできるだけ毎日更新する!
・すごく昔にやっていたプレゼント企画を再開したい!!


とりあえずは、最初の目標!
愛知県のハンドメイドをしているお友達と出会いたい活動を開始したいのだけど。。。、

ど、どうやって出会えばいいんだ!?

フェイスブックとかインスタとかすればいいのか!!!
愛知県にはハンドメイドカフェとかあるのか?
さぁ、どうする!!!

愛知県のハンドメイドに関してのことで、
何かご存知の方がいらっしゃって、
間違ってこのブログを見てくれちゃった方がいらっしゃいましたら、
ちょろっとでよいのでコショコショ教えてください。

お友達を作って、お茶とか一緒に飲みたい!!
ハンドメイド話とかしてみたい!!
コラボレーション作品とか作ってみたい!!

もし、万が一、そんなのないよ?っていうなら、
私が作る!!!

と、まぁ。
今年も夢見がちで馬鹿ですが・・・。

でもいいの。
今年はなんか最強になれる気がする。
なので、なりふり構わずで走ります。

本年度は、どうぞよろしくお願いいたします。


↓ このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ